行動と認識のずれ

 車のドアを閉めようとして小指の先をはさんでしまった。
 あっと思ったら、遅れて飛び上がるほどの痛みがやってきた。
 かまわず仕事を続ける。
 血がぽたぽたと訪問先の玄関に落ちる。
 やばい!

 車から降りようとして、通りすがりの自転車に乗った女性と目が合った。
 こんなところに車を止めて!という目が気になって、一瞬ドアを閉める前に手を引っ込める動作が遅れたのだ。
 認識と行動のずれ。
 加齢から来るこの容赦のない現実。
 何百分の一、いや数千分の一のずれで、何気ない日常が苦痛へと変わる。

 痛みからして、骨でも折れているのではないかと思った。
 でも、医者にかかるのも面倒だ。
 一晩様子を見ることにした。
 それが見る見る痛みは引いて、今日で3日目になるがほとんど痛みは消えた。
 幸い、骨折はなく、爪の損傷と血豆で済んだようだ。 ああ、ありがたい。
 
 健康ってありがたいと思う。
 ふだん何気なく元気で暮らしている中に、病気やけがが隣り合わせに潜んでいるのだ。
 それを今回の出来事は気付かせてくれた。
 とすると、今回の出来事は、普段忘れている加齢と健康について考えさせてくれるいい機会であったということか?
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

紙風船

Author:紙風船
このブログへのアクセスありがとうございます!
 広島市に住む熟年親父です。
 日々感じたことなどを載せたいと思います。
 気軽なコメントをお待ちしています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2009年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード